フィナステリドによるAGA対策が男性の抜け毛治療の中心です

育毛剤は自分に合ったものを選びたいものです

多くの男性が薄毛に悩む現代では、数多くの育毛剤が市販されています。
どの製品にも様々な特長があって、また価格もまちまちです。
一方の薄毛の原因については、特に男性型脱毛症が大きな原因になっています。

男性ホルモン型脱毛症=AGAが知られてきました

男性型脱毛症については、昔から知られていた男性特有の薄毛の原因でしたが、最近ではAGAとも呼ばれるようになり、テレビコマーシャルでもAGAの治療法について宣伝されていますから、男性型脱毛症の認知度は高まりつつあります。
男性型脱毛症の原因物質は、主要な男性ホルモンの1つであるテストステロンから変化したジヒドロテストステロンと呼ばれる物質で、ジヒドロテストステロンが、髪の毛の発育を司っている毛母細胞に悪影響を及ぼすことで抜け毛を起こし、薄毛になってしまうのです。

遺伝による男性の抜け毛はほぼAGAによるもの

また、男性型脱毛症は遺伝することも解っており、父親から遺伝する場合は、その遺伝情報が常染色体上にあり、母親の両親のいずれかから遺伝する場合は、性染色体のX染色体上に遺伝情報があるのです。

フィナステリドという特効薬があります

しかし、最近では男性型脱毛症も治療薬が開発されており、フィナステリド製剤のように飲んで効く治療薬が主流となってきました。
フィナステリド製剤とは、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害することで脱毛を食い止めるのですが、発毛効果に関してはそれほど強くありません。
ですから、男性型脱毛症の治療には発毛効果が期待できる育毛剤の併用が良いとされているのです。
ただし、育毛剤の効果にも個人差がありますから、どの製品が自分に合っているのか知る必要があるのです。
そこで、インターネットにある比較サイトを利用して、自分に合った製品を探してみると良いのです。